よくある質問
金属アレルギーでも受けられる矯正治療はありますか?

Q&A

金属アレルギーでも受けられる矯正治療はありますか?

金属アレルギーでも受けられる矯正治療はありますか?

歯科矯正を受けたいのですが、金属アレルギーなので矯正装置でアレルギー症状が出ないか心配です。金属アレルギーでも、安心して受けられる矯正治療はないのでしょうか?

グラントウキョウスワン歯科・矯正歯科からの回答

昔は歯科矯正といえば歯に金属製の器具を取り付けるワイヤー矯正が主流でした。しかし今では、プラスチック製のマウスピースを使った矯正治療が発達しているので、金属アレルギーの方でも安心して矯正治療を進められます。

金属アレルギーでも矯正治療は受けられる

金属アレルギーは、金属製のアクセサリーなどをつけたとき、肌にかゆみやかぶれが生じるというものです。金属の中でも、ニッケルやコバルト、クロムといった金属は金属アレルギーの原因となりやすいと言われていますが、歯科用の金属ワイヤーには微量ながらそれらの金属が使用されているものもあります。

自分の金属アレルギーがどの金属に起因するかは皮膚科のパッチテストで調べることができます。ただ、金属アレルギーは、今まで症状がなかった方が、ある日を境に発症することも少なくありません。そのため、すでに金属アレルギーの症状が出ている方や、金属による体への影響が心配な方は、プラスチック製のマウスピースを使った矯正治療を考えたほうがいいでしょう。

銀歯や矯正装置による歯科金属アレルギーに注意

一般的に知られているのは、金属に触れた箇所に症状が出る「金属接触アレルギー」です。しかし、中には「全身型金属アレルギー」と呼ばれる、食品に含まれる金属を体内に取り込むことで発症するものもあります。

銀歯などの歯科金属が唾液と反応し体内に取り込まれることで発症する「歯科金属アレルギー」も全身型金属アレルギーのひとつです。矯正治療では、プラスチック製のマウスピースを用いることでアレルギーのリスクを排除できますが、銀歯や金属製の矯正装置を使う場合は歯科金属アレルギーを発症する場合があるので注意が必要です。

金属アレルギーがある場合マウスピースで矯正治療を

金属アレルギーや歯科金属アレルギーが疑われる方には、金属製のワイヤーやブラケットを使わないマウスピース矯正をおすすめします。マウスピース矯正は一般的に、ワイヤーやブラケットを使った治療よりも治療期間が長くなりますが、矯正治療を進めていることが周囲に気づかれにくいので、矯正治療中の見た目が気になって矯正治療をためらってしまう方にも広く受け入れられています。

また、ワイヤーを使った従来の矯正装置をゆけている間は、お餅やキャラメルなどの粘性の高い食品を食べるときに細心の注意が必要ですが、マウスピースなら食事の際に取り外せるので食事を制限されることもありません。マウスピース矯正は金属アレルギーの方以外にも人気の高い治療となっています。

グラントウキョウスワン歯科・矯正歯科 院長より

現在は、むし歯治療でも銀歯の代わりにセラミックやレジン(プラスチック)を使った治療を選ぶ方が増えています。金属を使わない治療は周囲に治療中であることを気づかれにくく、金属アレルギーのリスクも気にすることがないので、多くの方におすすめの治療と言えるでしょう。

金属アレルギーの方は、矯正装置としてプラスチック製のマウスピースを選ぶことで、安心して治療が進められます。金属アレルギーだからといって矯正治療を諦めるようなことはせず、まずは歯科医師に相談しましょう。

一覧へ戻る