皆様に安心して治療を受けて頂くために

当院で取り組んでいる感染症対策についてご案内します。 感染症予防対策はこちら

Q&A

ホワイトニングで取り戻した歯の白さはいつまで持続しますか?

ホワイトニングで取り戻した歯の白さはいつまで持続しますか?

営業の仕事をしています。第一印象を良くするため、歯のホワイトニングを検討しているのですが、歯の白さは施術後どのくらい持続するでしょうか?

グラントウキョウスワン歯科・矯正歯科からの回答

営業や接客などの仕事についている方にとって、相手に好印象を持ってもらうことは成果に関わる重要なポイント。ぜひホワイトニングで清潔感を高めるお手伝いをさせてください。今回はホワイトニングの効果が持続する期間について解説します。

ホワイトニングの種類によって持続期間は異なる

ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングの2種類があります。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングは通院回数や費用、得られる効果に違いがあるので、2つの特徴を比較して、ご自身の希望に合ったホワイトニングを選びましょう。

また、ホワイトニングの効果は永久に続くわけではありません。効果の持続期間には個人差がありますが、一般的にはホームホワイトニングのほうが長いとされています。

オフィスホワイトニングで期待できる効果の持続は3~6か月

オフィスホワイトニングは、歯を漂白する成分である「過酸化水素」の濃度が高い薬剤を用います。また、施術を歯科医師や歯科衛生士が行うのも特徴のひとつ。1回で希望の白さになる場合もありますが、一般的には1~4回ほど通院して段階的に歯のトーンを白くしていきます。費用の相場は2~10万円ほどです。

高濃度の薬剤や、特殊なライト、ジェルを使って施術するため、ホームホワイトニングより即効性があります。しかし、日常的な飲食で着色汚れが染みつきやすく、効果の持続期間は3~6か月程度とやや短めです。施術完了直後の白さを持続させたい場合は、ホームホワイトニングを併用するか、半年に1回程度、歯科医院で施術を受けましょう。

ホームホワイトニングの場合持続期間は6~12か月

ホームホワイトニングは、歯科医院で処方された専用のマウスピースと薬剤を用いて、ご自身で歯に薬剤を塗布する手法です。インビザ矯正患者様で、すでにマウスピースをお持ちの方はそのマウスピースをホームホワイトニング用に使えます。濃度の低い薬剤でじょじょに歯を白くしていくため、効果が表れるスピードは緩やかです。しかし、歯の白さは持続しやすいので、6~12か月ほど白い歯を保ちたい方には適しています。

ホームクリーニングにかかる費用は、マウスピース作成費や薬剤の値段によって変わります。相場としては2~5万円ほどであり、オフィスホワイトニングに比べると費用を抑えられるでしょう。ただし、希望通りの効果を得るには、患者様ご自身が正確な方法でホワイトニングを続ける必要があり、手間や時間を削減するのは難しいと言えます。

グラントウキョウスワン歯科・矯正歯科 院長より

短期間で歯を白くしたい方にはオフィスホワイトニング、手間や時間をかけても効果を長く維持したい方にはホームホワイトニングをおすすめします。ただし、どちらのホワイトニングを行うにしても、効果の持続期間には個人差があり、喫煙習慣や食生活によっては、着色汚れが生じたり色戻りしたりする場合もあります。

白い歯をキープするためには、施術後も定期的に通院してメンテナンスを行うことや、着色しやすい飲食物を控えることが大切です。ホワイトニング後は歯にトリートメント剤を塗布することで着色しにくい状況を作ることもできるので、ご自身の希望を歯科医院に相談して、施術やメンテナンスの計画を立てましょう。

一覧へ戻る


矯正・インプラント・ホワイトニングの
初回無料相談実施中!

初診予約
emailメール
診療予約
call03-6206-3385