よくある質問
インプラントと入れ歯どっちが最善?費用やメリット・デリットについて比較して教えてください。

Q&A

インプラントと入れ歯どっちが最善?費用やメリット・デリットについて比較して教えてください。

インプラントと入れ歯どっちが最善?費用やメリット・デリットについて比較して教えてください。

歯周病が悪化した結果、歯を失うことになってしまいました。そこでインプラント、もしくは入れ歯を考えているのですが、どちらにするかで悩んでいます。メリット・デメリットについて詳しく教えてもらえると嬉しいです。

グラントウキョウスワン歯科・矯正歯科からの回答

歯を失ったときの治療法として、代表的なのが「インプラント」と「入れ歯」です。どっちもそれぞれメリット・デメリットが存在するため、しっかりと比較をして自分に最適な治療法を選んでいく必要があります。

歯を失った際に受ける補綴治療

失った歯を補うために行う治療は補綴(ほてつ)治療といわれています。補綴治療にはいくつか種類があるため、ここでご紹介していきましょう。

入れ歯治療

義歯をバネやシリコンなどで固定する治療法です。保険が適用され治療にかかる費用を安く抑えられる一方、違和感があったり、見た目がよくなかったりなどのデメリットも存在します。

ブリッジ治療

失った歯の両脇にある歯を土台にして、義歯を入れる治療法です。装着した際の違和感が少ないというメリットがありますが、健康な両脇の歯を削らなければならないというデメリットも存在します。

インプラント治療

顎の骨にインプラントを埋める治療法です。周囲の歯に負担がなく見た目も美しい反面、費用が高くなってしまいます。

人によって異なる最善の治療法

インプラントと入れ歯では、一般的にインプラントの方が人気は高いです。たしかに、入れ歯はインプラントに比べると本来の歯の機能を再現できず、痛みや違和感が出るケースがあります。

ただ、誰にとってもインプラントが最善というわけではありません。入れ歯も常に進化を続けており、人によっては入れ歯がベストとなる可能性もあるのです。グラントウキョウスワン歯科ではどちらの治療にも対応しているため、患者様とご相談をしてからもっとも最善な治療法をご提案しております。

他院でインプラント治療を断られた方もスワン歯科へ

インプラント治療を希望しているにも関わらず、歯科医院で断られてしまうケースは少なくありません。理由は、インプラントを埋める土台となる顎の骨にあります。顎の骨が薄い場合、インプラントを埋入できなかったり、埋入したとしてもすぐに抜け落ちてしまったりするのです。

しかし、技術が進んだ近年では、たとえ顎の骨が薄い患者様であってもインプラントを埋入できる治療法があります。顎の骨が不足している部分に「メンブレン」という特殊な膜を使うことで、骨をつくるスペースを確保し再生を促す「GBR」、顎の骨と上顎洞の粘膜(シュナイダー膜)の間に隙間をつくり、その隙間に骨補填材などを注入する「サイナスリフト」などは、その代表的な特殊技術といえるでしょう。

グラントウキョウスワン歯科・矯正歯科 院長より

補綴治療が必要になったときには、一度歯科医院で診察を受け治療法について歯科医師と相談をしてください。ブリッジや入れ歯、インプラント、どの治療法よいかの比較については、患者様一人ひとりの特徴次第です。一般的にはインプラントの方が機能性に優れていますが、費用とのバランスを考えると入れ歯治療が最善となるケースもあります。

また、グラントウキョウスワン歯科では最新の技術を導入しているため、他院でインプラント治療が不可能とされた患者様でも、治療可能なケースもございます。
まずは一度セカンドオピニオンにお越しいただき、口腔内の状態を確認した後で、GBRやサイナスリフトなどの治療法をご提案していきます。
無理に治療を進めることはありませんので、安心してお越しくださいね。

一覧へ戻る