よくある質問
銀歯が目立って気になっています。目立たなくする方法はないでしょうか?

Q&A

奥歯の銀歯が目立って気になっています。

銀歯が目立って気になっています。目立たなくする方法はないでしょうか?

過去にむし歯治療で奥歯を銀歯にしたのですが、口を開けると目立ってしまうので人前で思いきり笑うことができません。元の歯のように白く見せる方法はないのでしょうか?

グラントウキョウスワン歯科・矯正歯科からの回答

むし歯治療痕の銀歯が気になる場合は、セラミック製の被せ物・詰め物に替えることで天然歯のような白さを実現できます。セラミック治療は保険適用外の自由診療ですが、見た目以外にもさまざまなメリットがあります。今回はそんなセラミック治療についてご紹介しましょう。

セラミックは保険適用外の自由診療

かつてはむし歯治療の被せ物・詰め物というと保険診療の銀歯が一般的でしたが、近年はセラミックを選択する人が多くなっています。また、長年使っていた銀歯をセラミックに替えるケースも増加しています。

保険診療の銀歯などとは違い、セラミックは保険が適用されない自由診療です。自由診療は治療費を全額負担するため、保険診療と比較すると高額となります。その理由は、保険診療に課された制限にあります。保険診療は最低限の機能回復を目的としているため、治療法や使用できる素材に限りがあるのです。

一方、自由診療では治療法や使用できる素材に制限がありません。そのため、機能と見た目を両立した治療が実現できるのです。

ただし、保険診療と自由診療のどちらを選択するのが正解といったものではなく、患者様の価値観によって最適な治療法は変わります。そのため、保険診療・自由診療を問わず自分に合った治療法を提案してくれる歯科医院を選択することが重要です。

保険診療と自由診療で使われる素材

保険診療と自由診療でそれぞれ使われる素材の特徴は以下の通りです。

保険診療で主に使われる素材
  • 銀歯(金属)
  • 強度が強く非常に高い耐久性を誇りますが、見た目が目立つ、金属アレルギーを引き起こす可能性があるといったデメリットがあります。

  • レジン(歯科用プラスチック)
  • 白く目立ちにくいのが特徴で、アレルギーのリスクがないのがメリットです。ただし、強度が低いため摩耗しやすく、変色しやすいという特徴をもちます。

自由診療で主に使われる素材
  • セラミック
  • 透明感がある白い歯を実現できます。変色が起こりにくく、金属アレルギーの心配もありません。耐久性が高く、比較的長持ちしやすいのも特徴です。

むし歯治療でセラミックを選択するメリット

セラミックは天然の歯に近い白さと光沢をもっているため、治療後の仕上がりは非常に自然で、銀歯のように治療痕が目立つことはありません。また、色素沈着しにくい性質をもつため、黄ばみなどの変色が起こりにくいのも特徴。耐久性も高いため、きちんとメンテナンスすれば長期間使用することができます。

また、歯との密着性にも優れているため、詰め物や被せ物のすき間からのむし歯の侵入を防ぐことができます。そのため、むし歯治療を行った歯が再びむし歯になる「二次カリエス」が起こりにくいというメリットがあります。

セラミックを使った審美治療の種類

セラミックを使った審美治療にはさまざまな種類があります。以下で代表的なものをご紹介します。

オールセラミック

歯を削った部分にセラミック製の被せ物・詰め物を入れる治療法。形を調整することで、軽度の歯並びの乱れやすきっ歯を改善することも可能です。

ジルコニア

天然歯と見分けがつかない自然な白さをもつ素材で、周囲の歯に合わせて色を調節することができます。金属と同程度の強度を誇り、硬いものでもしっかりと噛むことができるため、噛み合う歯に負担をかけにくいのも特徴です。

ラミネートべニア

歯の表面を薄く削り、セラミック製の薄い板を貼り付ける治療です。前歯のむし歯治療などに使われ、色だけではなく歯の形やすき間を修正することもできます。

メタルボンド

金属の表面にセラミックを焼き付けた被せ物です。内側に金属を使用しているため色味はオールセラミックに劣りますが、丈夫で割れにくく、奥歯の治療に適しています。

e-max

ニケイ酸リチウムガラスを使用した素材です。強度が高く、天然歯のような摩耗しにくさと美しい見た目とを併せ持ちます。強度も高いため割れにくく、ものをしっかり噛むことができます。

グラントウキョウスワン歯科・矯正歯科 院長より

美しい見た目と高い耐久性を誇るセラミック。ご紹介したようにセラミックにはさまざまな種類がありますが、ご自身の求める結果や予算によって適した素材は異なります。セラミック治療を検討している方は、ぜひ一度歯科医師に相談してみましょう。

一覧へ戻る