• HOME
  • インビザライン矯正について

インビザライン矯正について

インビザライン矯正について

2009年~2017年実績 累計2,000症例突破

東京の新宿・東京駅、名古屋の名古屋駅・栄・港・ミッドランドスクエア・東郷町にて医院を運営するスワン会(スワン歯科)は、矯正治療を得意とする医療法人です。7つの医院では、「患者様第一の歯科医療」を掲げてさまざまな矯正治療を行っています。こちらでは近年人気の目立たない矯正装置「インビザライン」の特徴についてご説明します。

インビザラインとは

「矯正治療はしたいけれど、まわりに気づかれたくない」というあなたの願いをかなえます

「誰にも気づかれずに治療したい」そんなあなたの悩みを解決します

矯正治療と聞くと装置が目立つ印象があり、会社や学校へ行く人の多くはあまり気乗りしないかもしれません。実際、矯正治療にとって審美性の悪さは大きな障壁になっているといえるでしょう。しかし、近年では裏型矯正(舌側矯正・リンガル矯正とも)など、装置の目立ちにくい治療法が増えてきています。その中でも高い支持を受けている治療法が「インビザライン」です。

アメリカで生まれた治療法であるインビザラインは、世界ですでに140万人以上の人が受けており、日本でも広がりを見せています。支持を受ける理由としては「痛みがない」「目立たない」「簡単な取り外しが可能」という点が大きなポイント。

インビザライン治療では、簡単に取り外しが可能な透明のマウスピースが使用されます。マウスピースは治療の進行度に応じた設計・作製が細かくされており、2週間ごとに新しいものと交換していくのが特徴。これにより、徐々に歯を動かしていき、矯正していくのがインビザライン治療なのです。

インビザラインとワイヤー矯正の相違点
インビザライン ワイヤー矯正
期間 数ヶ月~2年程度(症例による) 数ヶ月~2年程度(症例による)
適応年齢 子供から高齢者まで対応可能 しっかりとした適応年齢があるわけではないが、成長期の子供に効果が出やすいのが特徴
装着感 マウスピース型の装置のため違和感は少ない ワイヤーを歯の表面に装着するため、何かと違和感が出やすい
見た目 マウスピースは透明のためほとんど目立たない マウスピースより目立ちやすいが、使用する装置の材質次第で目立たない工夫も可能
痛み 個人差はあるが、一般的に通常の矯正治療より痛みは少ない 個人差はあるが、痛みを感じるケースはある。
日常生活 簡単に着脱できるため、食事やブラッシングに支障はない 装置の取り外しは不可能なので、ブラッシングや食事で不便を感じることも

当院スタッフが治療体験日記をブログで公開しています

インビザラインのメリット

透明で人目につきにくい 使用するマウスピースは薄く透明なため、装着していても気づかれることはほとんどありません
金属アレルギーでも安心 金属製の矯正装置の場合、金属アレルギーの人にはさまざまなリスクがありますが、ポリウレタン製の装置を使用するインビザラインではそうした心配をする必要がありません。
食事を問題なく楽しめる ワイヤーなど従来の矯正装置の場合、硬いもの、粘り気があるものは避ける必要があります。しかし、インビザラインであれば簡単に着脱ができるため、食事中は取り外して思い切り食事を楽しむことができます。
口腔内を傷つける心配がない ワイヤー矯正の場合、ワイヤーや留め具が口腔内や舌に当たり出血や腫れが生じたり口内炎が発生したりする可能性があります。インビザラインであれば、基本的に口腔内を傷つけることはありません。
口腔内の健康を保てる 取り外しが可能なインビザラインであれば、ブラッシングを念入りに行えるだけでなく、フロスの使用も可能です。必然的に、お口の健康を保ちやすくなります。
ほかの治療に比べ治療期間が比較的短い 裏側矯正などほかの矯正治療に比べて、比較的治療期間が短いという特徴があります。
治療完了までの道のりをイメージしやすい インビザラインでは治療前に矯正で歯が動いていく過程のシミュレーションが可能です。そのため、治療完了までのイメージがしやすくなります。
料金のご案内

インビザラインライト

インビザライン(フル)

※分割プランのご利用には審査が必要です。
グラントウキョウスワン歯科の矯正の料金紹介はこちらのページ

アメリカの最新鋭技術が使われる光学印象機器

最新の光学印象機器であり、マウスピース作製における歯の型採りを光学スキャンで行うことが可能です。特殊な光を歯に当てていくことでその人の歯型のデータを採取し、インターネットによってすぐさまアメリカのアライン社へ送信。これにより、治療開始までにかかる期間の大幅短縮が実現可能になるのです。

  • 光学印象機器
  • 光学印象機器
歯型採取を高精度かつ短時間でできる 印象材を用いるケースに比べ、特殊な光を歯に当てて型を採る方法はより精密な歯型を得ることができます。また、デジタルスキャンであれば型採り後に変形するおそれがなく、フィット性に優れたマウスピース作成の実現が可能です。
自分の歯型をリアルタイムで確認可能 歯型のスキャン経過はリアルタイムで確認が可能です。また、採取したデータはそのままクリンチェック(治療のシミュレーション)に使用ができます。スキャンデータはインターネットによってすぐにアメリカへ送付されるため、クリンチェックが仕上がる時間は最短で2~3日程度と大幅な短縮が可能。スキャンの際に歯型で不鮮明な箇所があれば気づけるため、再度の型採りをしなくてすむのもポイントです。
身体に負担をかけず歯の型採りができる 印象材とトレーを使った従来の型採りだと、嘔吐反射が起きてしまう人もいます。そんな人でも光学スキャンであれば、身体に負担がかかりません。また、光学印象機器であればこまめに休みながらの型採りが可能なため、リラックスした状態で型採りをすすめられます。
清潔・安心なディスポーサブル 光学印象機器はディスポーザブルで取り外し式なスキャナーを採用しているため、とても清潔かつ安心です。

ほかのマウスピースとの違い

治療前のシミュレーションが可能でモチベーションを維持しやすい

インビザラインはほかのマウスピース矯正と違い、治療経過の状態がどのようになるかのシミュレーションができるため、患者様の治療中の不安や負担軽減が見込めます。シミュレーションでは患者様ご自身が望む状態を明確にできるため、モチベーションを落とさず矯正治療を続けられるというメリットも見逃せません。

マウスピース設計・作製にはCAD/CAMを用いる

インビザライン治療では使用するマウスピース作成に時間はかかりません。すべての部分を1回の治療で作製してしまうため、通院の数を少なくすることが可能になり、患者様の負担軽減が実現できます。設計・作製にはCAD/CAMを使用するため、人の手では不可能な0.2~0.3mmの範囲で歯を動かすことができ、痛みが出にくいという点も大きな特長でしょう。

世界各国で行われている圧倒的な治療実績

インビザラインに不安を感じている人もいるかもしれませんが、この治療法はすでに世界45カ国で173万人を超える患者様が受けているという実績があります。こうした実績をもとに的確なガイドラインが作成されていたり、認定制度が設けられていたりするので、安心して治療が受けられるシステムといえるでしょう。

すでに世界各国で173万人以上が体験!高い実績を誇る新しい矯正治療「インビザライン」

  • インビザライン01
  • インビザライン02
  • インビザライン03

インビザラインは歯科先進国アメリカで生まれた治療法のため、当然アメリカでは多くの患者様がインビザライン治療を選択しています。インビザラインを選択した患者様が、結果に満足しているのはアメリカのアンケート調査結果を見ても明らかです。調査結果によると、インビザライン治療を受けた患者様の96%以上が治療結果に「満足している」と答え、それだけでなく94%もの人が「知人にもすすめたい」と答えています。

インビザライン円グラフ

矯正の進め方

1.検査・診断 2.歯型とり 3.アライン社にて装置を作製 4.治療開始 5.治療終了・保定
矯正治療を始める前に、お口の中の状況を詳しく調べます。検査結果が出たら、それを参考に治療方針をご説明します。 患者様の歯型を採ります。光学印象機器を使用します。 製造元のアライン社に装置作成の依頼を行います。装置作成には3Dコンピュータが用いられ、患者様の歯型にぴったり合ったものが作られます。 治療中は徐々に歯を動かしていくため、2週間ごとに新しい装置に交換します。 他の治療方法と同じように、治療終了後は保定が必要です。
クリンチェック

クリンチェックでは、ご自身の歯がどのように動いていくのか、シミュレーションによってご確認いただけます。

インビザラインティーン

インビザラインティーン

2012年に登場した11歳~16歳のお子様に対応した矯正装置「インビザラインティーン」であれば、永久歯が完全に生えそろっていない16歳以下の方でも、インビザライン矯正を受けることができます。通常のインビザライン同様、目立ちにくく痛みの少ない矯正治療法のため、多感なティーン世代の方にはとくにおすすめです。インビザラインティーンで、思春期のすてきな思い出と笑顔を手に入れていきましょう。

インビザラインの注意点

インビザラインが適応できないケースもある~非適応症例~

インビザライン矯正はすべての症例に適応できるわけではなく、中には適応できない症例もあります。

歯並びが著しく乱れている場合

歯並びの大きな乱れによって通常よりも歯を動かす距離を長くする必要があったり、歯根から動かさなければならなかったりする場合、インビザラインは適応できません。ただし、「ブラケットによる矯正治療と併用する」という条件を満たせば、適応が可能になります。※ブラケットは歯根を移動させるため使用します。それ以外の場面ではインビザラインを使用します。メリットとして、ブラケット単体の矯正より、インビザラインと併用したほうが治療期間を短縮できるという点があげられます。

顎の位置が上下でズレている場合

骨格の問題で、顎の位置が前後左右にズレている場合、インビザラインは使用ができません。

生え変わりの時期でまだ第二大臼歯が生えていない場合

歯が生え変わる時期の子供に多いですが、第二大臼歯が生えていない状態の場合、インビザラインを使用しても理想的な効果は得られないでしょう。子供の場合、個人差はあるものの中学生以降になると基本的には第二大臼歯が生えてくるため、それ以降はインビザライン治療が可能です。

必要不可欠な患者様の協力

インビザライン治療を順調に行うためには、ほかの矯正治療と同様患者様の協力が欠かせない要素になります。満足できる治療結果を得るためには、歯科医師の指示通りに治療を行わなければいけません。歯科医師から何らかの指示があった場合には必ず守っていくことを心がけてください。

装着時間

マウスピースを装着するかどうかを歯科医師が都度支持するのは不可能であり、基本的に患者様の意志にゆだねられます。1日20時間以上は必ずマウスピースを装着しなければ、治療の進行が遅くなってしまうので注意してください。

着脱のタイミング

インビザライン治療を行っているあいだは、食事やブラッシングのとき必ずマウスピースを外さなければいけません。装着したままだと装置を傷つけてしまう可能性があり、治療に支障が出てくるおそれがあります。

定期検診

インビザライン治療は歯をプラン通りの位置に移動させるため、2週間ごとに装置を交換する必要があります。そのため、2~3カ月は必ず検診を受けるようにしないと、スムーズな治療ができません。

iGO(アイゴー)システム

iGOシステム

気になる前歯を気軽に
インビザラインフルと違い、iGOシステムは前歯部を対象とした治療器具です。一番目立つ、前歯部の歯並びを段階的に矯正し、綺麗な歯並び・理想的な笑顔へと近づけることができます。

矯正治療後の後戻り防止にも
矯正した歯並びが戻ってしまう「後戻り」が起こることがあります。iGOアライナーは後戻りを防ぎ、歯並びを再度整え直すことも可能です。