• HOME
  • インプラント

インプラント

歯を失ったまま放置するリスク

歯を失ったまま放置するリスク

お口の仕組みは繊細、かつ複雑。歯だけでなく顎の関節、筋肉、舌などさまざまな器官がそれぞれの機能を果たすことで、バランスの取れた構造を保っています。人間の歯は親知らずまで含めると合計32本ありますが、そのうちの1本でも欠けると、お口のバランスはもちろん、全身の健康バランスを崩すことにもつながります。

東京駅直結、八重洲口すぐ(八重洲南口直結)の歯医者「グラントウキョウスワン歯科・矯正歯科」では、歯を失ってしまった患者様からのご相談を承っております。お口や全身のトラブルを未然に防ぐためにも、ぜひ早めにご相談ください。

失った歯を放置していると……

歯を失ったまま放置していると、どういった影響があるのでしょうか?

歯の噛み合わせが乱れ、歯並びにまで影響が及ぶ

失った歯の隣にあった歯が倒れてきたり、失った歯と噛み合っていた歯が伸びてきたりします。それに伴って残った歯の間に隙間が空くと、歯並びが崩れてきます。

虫歯・歯周病・顎関節症などのリスクが高まる

残った歯の間に隙間が空いた状態をさらに放置すると、その隙間が虫歯の温床になり、歯周病のリスクも高まります。また、顎の骨や筋肉に負担がかかると顎関節症の原因となり、口を開けにくくなる場合があります。

しっかり噛むことが難しくなり、内臓に負担がかかる

咀嚼(そしゃく)が不十分になると胃腸などにかかる負担が増し、消化不良の原因となります。

アルツハイマーのリスクが高まる

「噛む」という行為は脳への血流を増やし、活性化させる行為です。しっかりと噛めなくなると脳への刺激が減るため、思考力の低下を招きます。これは、アルツハイマーの原因にもなるといわれています。

言葉の発音に影響が出る

噛み合う歯がなかったり、隙間ができてしまったりすることで空気が漏れ、発音が不明瞭になる場合があります。

歯を支える顎の骨に圧力がかからなくなるため、骨が痩せてしまう

顎の骨が痩せてしまうと、もしインプラントの治療を受けたいと思ったときに骨の量が足りないため、まずは骨を増やす治療から始めなくてはなりません。医院によっては、インプラント治療を断られることもあります。

顔の輪郭が変わる、たるみ・シワが増える

顔の骨格の一部でもある歯が抜けていくことで、輪郭が変わったり、そのことでたるみやシワが現れることがあります。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療では、歯を失ってしまった部分にインプラント(人工歯根)を埋め込み、そこへ人工歯冠を装着します。虫歯・歯周病や外傷、事故などのアクシデントによって歯を失った場合に、歯の機能と見た目を補うことができる治療法です。

インプラントの素材であるチタンは顎の骨と強固に結合する性質を持っており、治療後はまるで自分の歯のような感覚が得られ、硬い物でもしっかり噛めるようになります。人工歯冠には主にセラミック素材を用いるため、見た目が自然で、周囲にインプラントであることを知られる心配もありません。

入れ歯やブリッジとは違い、インプラント治療では外科手術が必要です。そのため自費診療(保険外診療)となり、その費用は決して安価とは言えません。しかし、機能面・審美面に非常に優れた治療法で、長期的に考えると患者様にとってメリットの多い治療でもあります。

自分の歯と変わらない感覚で、歯を失う前と同様の生活を送りたい……。そう望まれる方は、ぜひインプラント治療をご検討ください。スワン歯科にはインプラント治療の豊富な実績があり、難症例にも対応できるだけの技術・設備・環境が整っています。

最新の設備と万全のチーム医療で治療をします

最新の設備と万全のチーム医療で治療をします最新の設備と万全のチーム医療で治療をします最新の設備と万全のチーム医療で治療をします

インプラント治療に使われる器機は、ここ数年でめざましい進化を遂げています。当院では、常に患者様のご負担の軽減・質の高い治療を目指し、患者様にとってメリットになると思われる設備・器機を積極的に導入しています。

そんな器機を駆使して患者様の治療にあたる施術者の技術に関しても、日々研究研鑚に努めています。また、安心・安全な治療環境を整えるため、インプラント治療を行う手術室の衛生環境を整え、院内感染を防ぐための器具の洗浄や滅菌も、徹底して行っています。

さらに当院では、歯科医師と歯科衛生士がチームを作り、治療方針や患者様の状態といった情報を共有した上で、インプラント治療を進めております。手術から術後のメンテナンスまで、同じチームのスタッフが担当。この「チーム医療」によって、患者様への一貫した対応を実現します。

インプラント治療を「失敗しない10の根拠」

グラントウキョウスワン歯科・矯正歯科でご提供しているインプラント治療には、「失敗しない10の根拠」があります。

1 インフォームドコンセント

1 インフォームドコンセント

当院では、患者様ご自身にきちんとご理解いただいた上で、治療決定をしていただきたいと考えています。そのために、治療方法の選択肢や、そのメリット・デメリット、費用などについて、ご納得いただけるまでわかりやすくご説明いたします。

2 実績と高い成功率

2 実績と高い成功率

当院では過去26年間に、日本では最大規模といえる、累計23,000本を超えるインプラント治療を行ってきました。他院では断られた難しい症例も、骨再生療法など高度な技術を使って成功させております。

3 「ノーベルバイオケア」の採用

3 「ノーベルバイオケア」の採用

世界でのシェアが1位(約37%)のノーベルバイオケア社のインプラントを採用し、審美性と機能性の両面で非常に優れた、良質なインプラントをご提供しております。

4 3Dシミュレーションの導入

4 3Dシミュレーションの導入

インプラント治療を適切に行うには、事前に十分な検査を行い、顎の骨の状態を正確に把握しておく必要があります。当院では口腔内写真やレントゲン写真だけでなく、CT撮影で3D(3次元)の情報を得ることで、正確なインプラント治療を実現しています。

5 オペ対応ルームで無菌オペを実現

5 オペ対応ルームで無菌オペを実現

インプラント手術中の細菌感染を防ぐために、当院では最新設備を備えたオペルームをご用意しております。施術に使う道具は完全無菌状態で保管され、また手術用のモニターや無影灯も完備しております。

6 難症例に対応する最新の医療技術

6 難症例に対応する最新の医療技術

インプラント治療には、患者様の顎の骨が足りないなど手術が困難となるケースもあります。当院では経験豊富な歯科医師が、先端医療技術を駆使して対応しますので、他院では断られた患者様にも、インプラント治療をお受けいただいております。

7 無痛インプラント治療

7 無痛インプラント治療

インプラント治療には局所麻酔を用いるため、手術自体に痛みはありません。痛みへの恐怖心が強い患者様には、静脈内鎮静法を用いて、ウトウトとした状態で治療を受けていただくことも可能です。

8 万全のアフターケア

8 万全のアフターケア

インプラント治療で最も重要なのは治療後のアフターケアです。当院では、インプラント治療のアフターケアを行うため、独自のメンテナンスプログラムをご用意しております。定期的にメンテナンスを行い健康な口腔内を保ちましょう。

9 総合的な完成度を高める

9 総合的な完成度を高める

当院では矯正歯科・審美治療の分野とのシームレスな連携により、お口全体の機能や見た目の美しさなど、総合的な完成度を追求しております。

10  10年保証を実施しています

10  10年保証を実施しています

インプラント治療を安心してご利用いただくために、当院では治療が終了してから10年間の保証期間を設けております。期間中、通常のご使用状態で脱落や破損が生じた場合は、無償で再治療が受けられます。

痛みのないインプラント治療を目指して

外科的な手術を伴うインプラント治療では、痛みに対して不安を抱く患者様もたくさんおられます。痛みに対する恐怖心から、インプラント治療をためらっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

無痛インプラント治療

無痛インプラント治療

当院では、インプラント治療の際の患者様の痛みに対するご不安・ストレスを軽減できるよう、「無痛インプラント治療」をご提供しております。手術は局所麻酔下で行いますので、手術中に患者様が痛みを感じることはありません。

また、痛みに対するご不安や恐怖心が強い患者様には、緊張を緩和するための静脈内鎮静法を用いることも可能です。静脈内鎮静法では、ウトウトと半分眠っているような状態で治療を受けていただくことができます。手術には麻酔担当医が入り、腕の静脈に鎮静剤を注入。その後も、患者様の状態を麻酔担当医がモニタリングしながら治療を進めます。

静脈内鎮静法のメリット
  • 1. 緊張が薄れ、リラックスした状態で手術を受けられる
  • 2. 血圧、心拍数などをモニタリングしながら施術するため、持病がある方にもおすすめ
  • 3. 治療中は点滴をつないでいるため、身体に何らかの異常が生じた場合でも迅速かつ適切な処置が可能
  • 4. 麻酔の健忘効果によって、治療の時間が実際よりも短く感じる
フラップレス手術

フラップレス手術

施術箇所に十分な歯肉・顎の骨がある場合は、プラップレス手術を選択することが可能です。従来のインプラント手術ではメスで歯肉を切開しますが、フラップレス手術では歯肉に小さな穴を空けてインプラントを埋入します。

切開しないため痛みや腫れを大幅に軽減でき、術後の抜歯も不要。治療期間の短縮にもつながります。

治療後のメンテナンスが重要です

フラップレス手術

インプラントを長持ちさせるためには、お口のメンテナンスを続けることが大切です。そのため、インプラント治療の終了後は定期的に検診を行い、メンテナンスを続けます。1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後と徐々に間を空けていき、その後は半年~1年に1度の定期検診となります。

定期検診・メンテナンス
1: 問診

インプラント治療が終了してから現在までの、お身体の状態を伺います。服用しているお薬がある場合は、その詳細も確認します。

2:口腔内検査

インプラント装着後の噛み合わせの調整、インプラント構造物に緩みがないかの確認、歯ぐきの状態のチェックを行います。

3:ブラッシング指導

お口の状態を確認し、必要に応じてブラッシングのアドバイスをさせていただきます。軽度の歯肉炎であれば、患者様ご自身で適切なケアを行うことで、健康な状態に戻すことができます。

4: レントゲン検査

年に1度、患者様の歯や歯を支える骨の状態を確認するため、レントゲン撮影を行うことをおすすめしています。

5: インプラントの周囲のクリーニング

医師または歯科衛生士が、毎日のブラッシングでは取り切れない、歯石やプラークを徹底的に取り除き、お口の中をきれいにします。

他院でインプラント治療を断られた方へ

他院でインプラント治療を断られた方へ

インプラント治療では、失った歯が生えていた箇所の顎の骨にインプラントを埋め込む必要があります。そのため、顎の骨が減っていて十分にない場合は土台を構築できず、インプラント治療ができないと判断されるケースがあります。

しかし、近年開発された術式では、顎の骨が少ない状態でも対応可能なケースが増えています。当院ではそういった最新の技術を積極的に導入し、これまでなら「難しい」といわれてきた難症例も実際に多数成功させております。他院でインプラント治療を断られた方も、ぜひあきらめずに当院にご相談ください。セカンドオピニオンの提供にも対応いたします。

料金のご案内

グラントウキョウスワン歯科のインプラントの料金紹介はこちらのページ