• HOME
  • 院内感染予防の取り組み

院内感染予防の取り組み

安全な歯科治療をご提供するため

安全な歯科治療をご提供するために~院内感染予防の取り組み~

東京駅八重洲口(八重洲南口直結)の歯医者「グラントウキョウスワン歯科・矯正歯科」では、院内感染を防ぎ、患者様に安心・安全の歯科医療をご提供するため、徹底した衛生管理に取り組んでおります。

洗浄・消毒・滅菌・保管のシステム化を実現するため、ヨーロッパ基準をクリアした滅菌器を導入。歯科医院内における医師・スタッフ・患者様の動線まで考慮した、ハイレベルな感染対策を実践しています。

清潔区域・不潔区域の区別

院内の清潔区域・不潔区域の区別

当院の院内レイアウトは、感染対策を考慮したものとなっています。消毒・滅菌を可能な限り効率的に行うことができるよう、機材の配置を工夫。院内の清潔区域と不潔区域がしっかりと区別されています。清潔区域と不潔区域が混在しないため、洗浄・消毒・滅菌・保管という一連の流れの動線がスムーズです。

滅菌・消毒のシステム化を徹底

滅菌・消毒のシステム化を徹底

当院には、滅菌を担当するスタッフが常駐しています。以下のような洗浄機とオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を使用し、担当スタッフが滅菌・消毒を徹底。使用後の治療器具は滅菌・消毒ののち、次回使用の直前まで無菌状態を保って保管します。

器具洗浄機「+α Washer Disinfector」
器具洗浄機「+α Washer Disinfector」

歯科治療の際に使用する器具には、唾液・血液などのタンパク質汚れが付着します。「+α Washer Disinfector」は、そういったタンパク質汚れを93度の高温水と強アルカリ性の専用洗剤で洗浄する機械です。

国内での普及率は1%以下となっており、決して一般的な洗浄機とは言えません。しかし、当院では患者様への院内感染リスクを低減するため、この洗浄機を導入。オートクレーブによる滅菌の前に、洗浄機を用いた洗浄を徹底しています。

オートクレーブ「Lisa(リサ)」
オートクレーブ「Lisa(リサ)」

世界的に厳しいとされているヨーロッパ基準。その中でももっとも厳しい基準「クラスB」をクリアしたオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)です。パルス真空(真空状態と蒸気注入を交互に行う)によって器具の隅々まで高温の蒸気を行き渡らせることで、より確実な滅菌が可能となります。

コンビネーションオートクレーブDAC(ダック)
コンビネーションオートクレーブDAC(ダック)

構造が複雑なハンドピースの内部まで、ボタン一つで洗浄・注油・滅菌できるオートクレーブ。約16分間で、6つの機器を滅菌完了することができます。厳しいヨーロッパ基準の「クラスS」をクリアした、高い信頼性を誇る滅菌器です。

医療設備用大型空気清浄装置

医療設備用大型空気清浄装置

当院は院内の空気にもこだわりました。
皆様の不安を少しでも解消できればと、医療施設用大型空気清浄装置を院内天井に合計4台設置いたしました。
この装置は国公立病院・大学病院をはじめとした多くの医療施設で空気感染や飛沫感染対策に採用されているシステムです。
空気中のウイルス・最近・微粉塵・花粉・PM2.5や臭いをすばやく除去できる高性能で信頼性の高いシステムで、花粉症や喘息、その他のアレルギー疾患の皆様には特にやさしい空気にしております。
清潔で優しい医療環境を当医院では心がけております。

滅菌処理の流れ
STEP:1 STEP:2 STEP:3
超音波洗浄機による洗浄 滅菌パックへの封入 オートクレーブによる滅菌
STEP:1 STEP:2 STEP:3
超音波洗浄によって、治療器具に付着したタンパク質汚れ(血液・唾液など)を洗浄します。 器具を一つずつ滅菌パックに封入します。滅菌パックに入れた状態で処理するため、手などが触れても器具が汚染されることはありません。 消毒・殺菌だけでは死滅しないウイルスや細菌を、高圧洗浄によって完全に滅菌します。

使い捨て(ディスポーザブル)の促進

診療の際には、使用する手袋・注射針・コップ・エプロンなどが患者様に直接触れることとなります。当院では、このような患者様に直に接触する可能性があるものをすべて使い捨て(ディスポーザブル)とし、院内感染を防止。より衛生的な診療環境を整えております。