予防処置

お口の健康は予防からはじまります

お口の健康は予防からはじまります

虫歯や歯周病は、きちんと対策することで予防できる病気です。しかし現在の日本では、「歯医者は、歯が痛くなったら行く場所」と考えている方がほとんど。欧米などの歯科先進国では「予防」のために歯医者に通うことが当たり前となっていますが、日本ではまだまだ「予防」の意識が低いのが現状です。

もちろん、すでに症状や痛みが出ているような虫歯・歯周病などを治療することも歯医者の大切な仕事です。しかし、本当に大切なのはその前の段階、「歯が痛むような状態を作らないこと」なのです。東京駅八重洲口(八重洲南口直結)の歯医者「グラントウキョウスワン歯科・矯正歯科」では、予防処置にも力を入れ、定期的なお口のチェックやメンテナンスをご提案しています。良好な口腔内環境を保つために、当院での定期検診をぜひご活用ください。

歯の復活を促す再石灰化

虫歯は、虫歯菌によって食べ物に含まれている糖分が酸に変えられ、その酸が歯のミネラル分を溶かすことによって起こるお口の病気。このように歯が溶けることを「脱灰(だっかい)」と呼びます。実はこの脱灰は常にお口の中で起こっている現象なのです。

ただ、歯の表面にあるエナメル質は、溶けてしまったミネラル分を唾液の力を借りて再び取り入れることが可能。この「再石灰化」によって、元の状態に戻すことができます。しかし、糖分が長い時間お口の中にとどまっていると、再石灰化が間に合いません。そうするとエナメル質に穴が開き、これが虫歯のはじまりとなります。

歯の構造 初期の脱灰の様子 虫歯になった様子
歯の構造 初期の脱灰の様子 虫歯になった様子

虫歯がエナメル質の表面にとどまっている段階なら、再石灰化を促すことで虫歯を治癒に持っていける可能性があります。そのためには、キシリトールの入った食品を摂取したり、フッ素の塗布をしたりといったケアが有効です。

予防は歯科衛生士にお任せください

予防は歯科衛生士にお任せください

グラントウキョウスワン歯科・矯正歯科では、患者様に質の高い予防処置をご提供するため、歯科医師と歯科衛生士がチームを組んでケアに取り組んでいます。

さらに、患者様一人ひとりに担当スタッフが付く、担当衛生士制を採用。常に同じスタッフがケアを担当することで、患者様ごとの状況を適切に把握し、治療内容に合わせたケアを可能にしています。

予防処置では、患者様へのブラッシング指導、プロの手による歯のクリーニングなど、お口の健康を守るためのメニューをご提供しています。当院がしっかり予防ケアをサポートいたしますので、気になることがあれば何でもご相談ください。

歯科衛生士おすすめデンタルグッズ

患者様のセルフケアに役立つ、おすすめのデンタルグッズをご紹介します。毎日のセルフケアは、お口の健康維持の基本。商品は当院受付でもご購入いただけますので、気になった方はお気軽にお声がけください。

マウスリンスとマウスジェル(ウェルテック社) マウスリンスとマウスジェル(ウェルテック社)

唾液の分泌が少ないと、お口が乾燥しやすくなり、汚れが付きやすくなります。汚れは虫歯の原因になりますので、保湿することでお口に潤いを与えてあげましょう。

こちらは乾き気味のお口を浄化する液体タイプのリンスと、保湿のためのジェルです。リンスでスッキリ洗浄し、ジェルを塗布することでお口の乾燥を防ぎます。

ジェルコートとコンクール(ウェルテック社) ジェルコートとコンクール(ウェルテック社)

フッ素コート歯みがきジェルのジェルコートと、高い殺菌力を持つ薬用マウスウォッシュのコンクールです。

ジェルコートは研磨剤無配合の歯みがきです。フッ素が高濃度で含まれており、殺菌成分も配合されているので、歯ぐきの炎症も抑えられます。マウスウォッシュは、コップの水にほんの数滴混ぜてうがいをするだけで、長時間殺菌効果が持続します。

音波振動歯ブラシ、プリニアスリム(GC社) 音波振動歯ブラシ、プリニアスリム(GC社)

歯石を効果的に除去してくれる、音波振動の歯ブラシです。重量が軽くスリムタイプなので、手の小さい方やお子様にもお使いいただけます。替えの歯ブラシの種類も多く、お値段も手頃で使いやすいので、ぜひお試しいただきたい歯ブラシです。

安定期に入ったら~妊婦歯科健診も行っています~

安定期に入ったら~妊婦歯科健診も行っています~

妊娠中は、ホルモンバランス・食べ物の好みの変化など、身体の機能や精神面が大きく変化します。これは、お口の中も同様。当院では、そんな妊娠中のお口の健康をサポートする、妊婦歯科健診(マタニティ歯科健診)を行っております。

妊娠中は、以下のような原因によって虫歯・歯周病のリスクが高まる方が多いと言われています。安定期に入ったら、ぜひ一度お口の状態をチェックしておきましょう。

  • つわりのせいで、きちんとブラッシングができなくなり、プラークが付着しやすくなる
  • 体調の変化で唾液の量が少なくなり、細菌が繁殖しやすくなる
  • 女性ホルモンの濃度が高くなり、歯周病の原因菌が増えやすくなる
  • 妊娠中は物を口に入れる回数が増えるため、口の中にいつも糖分が残っている

つわりなどでいつも通りのブラッシングが難しいときは、口をすすぐだけでも違います。体調や気分が良いときは、しっかりとケアするように心がけましょう。どうしても自分だけではケアが難しいと感じたら、我慢せず、お気軽にご来院ください。当院が、妊婦さんの身体に配慮しながらケアをお手伝いいたします。