一般診療

歯の痛みは放置しないでください

歯の痛みは放置しないでください

「歯医者は、歯が痛くなったら行くところ」と考えていませんか? しかし、虫歯というお口の病気は、実は初期段階ではあまり自覚症状がありません。そのため、痛みを感じたときには、すでに進行している場合が多いのです。

虫歯は、虫歯菌が排出する酸によって歯が溶ける病気。一旦溶けてしまった歯はもとに戻らないため、治療するには歯を削るしかありません。

東京駅八重洲口(八重洲南口直結)の歯医者「グラントウキョウスワン歯科・矯正歯科」では、できるだけ歯を削ったり抜いたりせずに済む治療を心がけております。これは、患者様ご自身の歯を守り、残していくために大切なこと。痛みを感じていなくても、少しでもお口の状態が「おかしいな?」と思ったら、ぜひお早めにご相談ください。

虫歯を放置するのは危険です

虫歯を放置するのは危険です

虫歯は以下のような段階を経て進行していきます。虫歯が進行すると痛みが出はじめ、これを放置するとやがて激痛に襲われます。そして、さらに放置すると一時的に痛みが軽くなることがあり、ここで「治った!」と勘違いしてしまう方が多くおられます。

しかし、痛みが軽くなったのは治ったからではありません。神経が死んでしまったため、痛みを感じなくなっただけなのです。つまり、より虫歯が進行しているということ。ここまで進行すると、治療のためには虫歯を抜くしかない状態になってしまいます。

抜歯は身体への負担が大きく、治療・ケアのための経済的・時間的な負担も大きくなります。そうなる前に、虫歯を放置せず、早めの治療を受けることが大切です。

虫歯の進行段階
CO C1 C2 C3 C4
CO C1 C2 C3 C4
歯の表面のエナメル質が少し溶けた状態。まだ虫歯による穴は見られず、痛みもありません。 表面に穴が開きはじめますが、自覚症状はまだありません。治療では虫歯部分を削って、詰め物をします。 穴が深くなり、エナメル質のさらに下の象牙質まで達した状態。冷たい物・甘い物がしみることがあります。 歯の奥にある歯髄にまで虫歯が達しています。この段階になると、激しい痛みを感じることがあります。 虫歯が歯根まで達し、見える部分の歯はほとんど残っていない状態です。

痛みを抑える取り組み~無痛治療について~

痛みを抑える取り組み~無痛治療について~

虫歯の治療が遅れてしまう理由の一つに、「歯の治療は痛いから……」というものがあると思います。虫歯治療では麻酔が必要になるような場合もあり、実際に「麻酔が痛いから嫌だ」とおっしゃる患者様もたくさんおられます。

そこで当院では、治療時の患者様の痛みを軽減するため、無痛治療を積極的に取り入れています。治療時の不快感・苦痛が少なく、リラックスして治療を受けていただくための工夫・メニューをご用意してお待ちしております。痛みがご不安な方は、ぜひお気軽にご相談ください。

表面麻酔

局所麻酔の注射を行う前に、ゼリー状の表面麻酔を塗布して麻酔時の痛みを軽減します。

局所麻酔

身体への影響が少ない麻酔で、インプラント治療、親知らずの抜歯、歯周ポケット内の歯石除去など、手術以外の場面でも広く使用されています。安全性も問題ありません。

笑気麻酔

笑気ガスを鼻から吸入する麻酔方法で、治療への恐怖心・不安が強い方に採用しています。麻酔を吸入するとウトウトしているような状態になり、意識はありますがリラックス状態で治療に臨むことができます。吸入を止めるとすぐに覚醒状態に戻りますのでご安心ください。ほんのり甘い香りがする笑気ガスを使用します。

静脈内鎮静法

腕の静脈に鎮静剤を注入する麻酔方法で、ウトウトと眠っているような状態で治療を行うことが可能です。痛みへの不安が強い方に採用しています。静脈内鎮静法では麻酔担当医が患者様の血圧・呼吸の状態などをモニタリングしながら治療を進めますので、ご安心ください。

スキルアップ・技術研鑚

「ドクターの腕」も、治療時の痛みを大きく左右します。そのため、当院は日々技術研鑚に努め、患者様にかかる治療時のストレス・ご負担を軽減します。