よくある質問
子供の歯を虫歯にしにくくするには

Q&A

子供の歯を虫歯にしにくくする方法はありますか?

グラントウキョウスワン歯科・矯正歯科からの回答

生まれたての赤ちゃんのお口の中に虫歯菌は存在しません。子供の虫歯は、周囲の大人とのキスや食べ物、食器の共有などによって、虫歯菌がうつることで発症します。そのため、まずは保護者の方が赤ちゃんの歯が生えてきたら、先に挙げた要因となる行動に気をつける必要がありますが、それでもうつす可能性はゼロにはできません。子供に乳歯が生えてきたら、しっかりとブラッシングする習慣をつけましょう。子供が小さいうちは両親による仕上げ磨きが重要です。虫歯になりやすい奥歯などを重点的に磨いてあげてください。

また、歯質を強くして初期虫歯を予防するフッ素塗布や、複雑な形状をした奥歯の溝をレジン(歯科用プラスチック)で埋めるシーラントという処置も効果的とされています。さまざまな工夫によって、子供の虫歯のリスクを下げましょう。

一覧へ戻る